助成事業名
むすび丸ピンバッジ募金「赤い羽根みやぎ子ども食堂助成事業」第2次
実施団体
社会福祉法人 宮城県共同募金会
募集時期
2021年5月6日(木)~2021年5月31日(月)必着
関連URL
http://akaihane-miyagi.or.jp/news/2636
お問い合わせ先
社会福祉法人 宮城県共同募金会
TEL:022-292-5001
FAX:022-292-5002
E-mail:post★akaihane-miyagi.or.jp(★を@へ変更してください)
目的等
近年、共働き家庭やひとり親家庭等で、夜遅くまでひとりで過ごす子どもたちの「孤食」や「孤立」、経済的理由により「粗食」や「欠食」になったりする子どもたちが増えている中、新型コロナウイルス感染症拡大の長期的な影響もあり、子どもを取り巻く社会環境は悪化しています。そこで宮城県共同募金会は「むすび丸ピンバッジ募金」を原資として、県内において「食」の提供と「見守り」をとおして、安心して過ごせる子どもたちの居場所づくりに取り組む地域団体等に、「子ども食堂」、及び「配食・宅食」の運営に掛かる費用や、各団体の連携を図るネットワーク会議開催費用の一部を助成するものです。
さまざまな環境にある子どもたちが、地域とつながり、将来に夢や希望を持って健やかに育つ地域環境づくりの促進を目的とします。
内容/対象
◆助成対象事業
助成の対象となる事業は、次の要件をすべて満たしているものとします。
(1)宮城県内で実施されること
(2)主な利用者は18歳未満の地域の子どもであること
(3)年間を通じて計画的に運営するとともに、1回あたり2時間以上開催、または2ヶ月に1回以上の配食・宅食を実施し、1年以上の継続的な活動を見込むこと(事業実施初年度は、この限りではありません。)
(4)1運営日当たり5食以上提供できるように努めること
(5)食事の提供だけでなく、宿題等の自主学習の支援や生活相談支援、参加者同士が交流することができる環境づくりなどを行い、地域の人たちと安心して過ごすことのできる「居場所づくり」や「見守り」を実施すること
(6)新型コロナウイルス感染防止対策を講じること
(7)子どもの様子を見守り、必要に応じて各種関係機関と連携をとること
(8)事業実施時においては、常駐できる責任者を配置すること
(9)居場所を必要とする子どもを広く受け入れ、事業実施について、チラシの配布等により広く周知を行うこと
(10)協力者や支援者をひろげ、団体の継続発展に努めること(食材寄付等への働きかけや自主研修会の開催等)
(11)子どもに、無料又は定額で食事を提供すること。ただし、利用者から食材等の実費相当額を徴収することはできるものとする
(12)その他この要項の目的に沿った活動を行うこと
※1 子ども食堂運営団体の連携を図るネットワーク会議開催事業は上記の限りではない。

◆助成対象団体
助成の対象となる団体は、次の要件をすべて満たしているものとします。
(1)宮城県内に住所を有する地域住民で組織活動する団体、又は宮城県内で主たる活動の拠点を有する団体であること
(2)定款・会則等を備えていること
(3)組織の代表者が明確であること
(4)明朗な会計及び経理を実施し、その報告ができる団体であること
(5)政治、宗教、営利活動を目的とした団体でないこと
(6)団体の活動内容が公序良俗に反するものでないこと
(7)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団又は暴力団と密接な関係のある団体でないこと
助成金額
助成予算総額200万円
下記の区分に応じて、当該年度の予算の範囲内で助成します。
①令和3年4月以降に新たな事業を開始する団体・・・上限額 1団体につき20万円
➁令和3年3月以前に事業を開始している団体・・・上限額 1団体につき15万円
③令和3年4月以降に開催するネットワーク会議・・・1連絡会につき5万円
応募方法
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。
決定時期
6月中旬
助成事業の実施期間
2021年4月1日から2022年3月31日
備考
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。