助成事業名
令和3年度 子どもゆめ基金助成金 1次募集
実施団体
独立行政法人 国立青少年教育振興機構
募集時期
2020年10月1日(木)~〈郵送申請〉2020年11月10日(火)消印有効 〈電子申請〉2020年11月24日(火)17時締切
関連URL
https://yumekikin.niye.go.jp/jyosei/index.html
お問い合わせ先
独立行政法人 国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金部
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
電話:03-5790-8117,8118(子どもゆめ基金)
   子どもゆめ基金フリーダイヤル(無料)
   0120-579-081(平日9:00~17:45)
FAX:03-6407-7720
E-mail:yume★niye.go.jp(★を@へ変更してください)
目的等
子どもゆめ基金は国と民間が協力して子どもの体験・読書活動などを応援し、子どもの健全育成の手助けをする基金です。
今日、社会全体のモラル低下、地域社会の教育力の低下、メディア上の有害情報の氾濫など子どもたちを取り巻く環境が大きく変化しており、自分自身で考え創造する力、他人への思いやりの精神が身についていないと指摘されています。
また、子どもたちの社会性を育成する観点から、自然体験活動等の体験活動の充実や、言葉の教育の重視などが提言されております。
この基金は、未来を担う夢を持った子どもの健全な育成の一層の推進を図ることを目的に、民間団体が実施する特色ある新たな取組や、体験活動等の裾野を広げるような活動を中心に、様々な体験活動や読書活動等への支援を行っています。
内容/対象
◆助成対象活動
■子どもの体験活動の振興を図る活動への助成
<活動例>
1. 子どもを対象とする体験活動
・自然観察、キャンプなどの自然体験活動
・清掃活動、高齢者介護体験などの社会奉仕体験活動 など
2. 子どもの体験活動を支援する活動
・子どもの体験活動の指導者養成 など
■子どもの読書活動の振興を図る活動への助成
<活動例>
1. 子どもを対象とする読書活動
・読書会活動、読み聴かせ会 など
2. 子どもの読書活動を支援する活動
・子どもの読書活動の振興を図るフォーラムの開催 など
■子ども向けソフト教材を開発・普及する活動への助成
<活動例>
・子どもの体験活動や読書活動を支援・補完する、インターネット等で利用可能なデジタル教材を開発し、普及する活動

◆助成対象団体
公益・一般財団法人、公益・一般社団法人、NPO法人など青少年教育に関する事業を行う民間の団体
助成金額
⑴1活動あたりの助成金の額は、全国規模の活動は300万円、都道府県規模の活動は100万円、市区町村規模の活動は50万円を標準額(目安)としており、更にそれぞれについて限度額があります。
⑵1活動あたりの助成金の額は、2万円以上限度額までとすることとし、子どもゆめ基金審査委員会において活動内容等を審査し、予算の範囲内で決定します。従って、必ずしも申請額満額を助成できるとは限りません。
⑶活動実績のない新規団体への助成については、原則として標準額を上限額とします。
※活動実績のない新規団体とは、平成 31 年4月以降に設立された団体が該当します。ただし、平成 31年3月以前に設立された団体であっても、令和元年度及び令和2年度に活動実績がなければ該当します。
応募方法
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。
選考方法
子どもゆめ基金における助成対象活動の決定については、子どもゆめ基金による助成金の交付を適正に行うため、自然体験活動や社会奉仕体験活動等の体験活動、読書活動、教材開発などの分野において実務経験を持ち、かつ青少年教育に高い識見を有する委員で構成する「子どもゆめ基金審査委員会」を設置し、そのもとに各分野別の実情及び特性を踏まえて審査を行います。
決定時期
2021年4月(二次募集は2021年8月)を目途に通知します。
助成事業の実施期間
2021年4月1日(二次募集の場合は2021年10月1日)以降に開始し、2022年3月31日までに終了する活動に対し助成を行います。
備考
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。