助成事業名
令和3年度 宮城県NPO等による心の復興支援事業
実施団体
宮城県
募集時期
2021年8月23日(月)~ 2021年9月24日(金) 午後5時まで必着
関連URL
https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kyosha/kokoronofukkoujigyou.html
お問い合わせ先
宮城県環境生活部 共同参画社会推進課 NPO・協働社会推進班
電話:022-211-2576
目的等
この事業は,国の「被災者支援総合交付金」を活用し,東日本大震災による被災者が,他者とのつながりや,生きがいをもって前向きに生活することができるよう,特定非営利活動法人,ボランティア団体,公益法人,社会福祉法人,学校法人,地縁組織(自治会,町内会等),協同組合その他の民間非営利組織(以下「NPO等」という。)による被災地支援事業を支援することを目的とします。
内容/対象
◆対象事業
(1)本県の被災者が主体的に参加し,人と人とのつながりや生きがいを持つための取組であること。
(例)
・災害公営住宅の近隣の休耕地などで農作業を行い,収穫物で避難先の地域住民との交流会を実施(農業)
・震災前に漁業に従事していた避難者の経験を活かし,子どもや県外からの観光客の船上漁業体験の機会を提供(水産業)
・まちづくりのイメージを作成するワークショップを実施(まちづくり)
・被災者による手作りグッズの製作等の実施(ものづくり)
・中高年男性による料理教室を開催し,複数の災害公営住宅でグルメ大会を実施(ものづくり)
・家族ロボット教室を実施し,ものづくりの楽しさを体感するとともに,世代を超えた交流の機会を創出(世代間交流)
・震災の記憶を風化させないために,被災地内外からの幅広い世代の参画を得て,被災地の現状等について理解を得るための交流の機会を創出(震災の記憶の風化防止)
・被災地の若者が中核となって,地域の将来を見据えた地域活性化イベントを企画,実施(地域活性化の取組)
・災害公営住宅自治会や町内会と連携し、参加者も演奏・歌唱をおこなう体験型交流コンサートの実施(文化芸術)
・外部講師を招き、被災地域の子どもたちと一緒にオリジナルミュージカルを制作。稽古を積み、地域交流イベント等において披露(文化芸術)
(2)継続して実施される事業であること。
なお,「継続して実施」とは,単発のイベント実施等ではなく,補助対象期間内に継続的に参加できる事業や,複数年にわたり事業計画を立てている事業を実施することを指します。
(3)主たる活動地域の所在する市区町村の担当課等との連絡調整を事前に行っている事業であること。

◆対 象 者
① NPO法人,ボランティア団体,公益法人,社会福祉法人,学校法人,地縁組織(自治会,町内会等)協同組合等の民間非営利組織
② ①に掲げる団体等及び地方公共団体を構成員に含む協議体

助成金額
・補助率
10分の9以内とします。(例:当補助事業の対象となる経費が200万円の場合180万円まで補助可能です)
・補助額
1事業当たり180万円を上限とします。
※効果が特に高いと見込まれる事業の場合,上記の上限額に知事が認めた額を加算します。
ただし,加算の上限は135万円とします。
応募方法
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。
決定時期
2021年10月上旬頃から中旬頃(予定)
備考
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。