助成事業名
地球環境基金企業協働プロジェクト(LOVE BLUE 助成)
実施団体
独立行政法人 環境再生保全機構/一般社団法人 日本釣用品工業会
募集時期
2021年11月11日(木)正午~2021年12月2日(木)13:00
関連URL
https://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/application/
お問い合わせ先
独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部 地球環境基金課
TEL:044-520-9505 
FAX:044-520-2192
E-mail:kikin_youbou★erca.go.jp(★を@へ変更してください)
目的等
一般社団法人日本釣用品工業会が「LOVE BLUE ~地球の未来を~」とのスローガンを掲げ、つり環境ビジョンコンセプトに基づく LOVE BLUE 事業として公益財団法人日本釣振興会と協働で取り組む環境・美化事業です。釣り用品メーカー等が国内で販売する釣り関連製品に『環境・美化マーク』を表示し、その売り上げの一部などが一般社団法人日本釣用品工業会へ拠出され、事業原資となっています。
LOVE BLUE 事業の一環として、2015 年度(平成 27 年度)から、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金との協働プロジェクトとして、「LOVE BLUE 助成」(2016 年度(平成 28 年度)まで「つり環境ビジョン助成」)を創設し、これにより、全国各地の多くの皆様の環境・美化事業がより一層、幅広く展開されることを心から期待しています。
内容/対象
◆対象となる活動
清掃活動など、水辺の環境保全活動

◆助成対象団体
① 特定非営利活動法人
特定非営利活動促進法(平成 10 年法律第7号)第 10 条の規定に基づき設立された特定非営利活動法人
② 一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成 18 年法律第 48 号)に基づき設立された法人(公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(平成 18 年法律第 49 号)に基づき認定を受けた法人を含む)又はこれに準ずる非営利法人( ①に該当するものを除く。)
③ 任意団体
法人格を有さず、営利を目的としない民間団体で、次の条件を全て満たすもの
ア.定款、寄付行為に準ずる規約を有すること。
イ.団体の意思を決定し、要望に係る活動を執行する組織が確立していること。
ウ.自ら経理し、監査することができる会計組織を有すること。
エ.活動の本拠としての事務所を有すること。
オ.活動の実績等から見て、要望に係る活動を確実に実施することができると認められること。
ただし、上記に該当する団体であっても、
1)暴力団による不当な行為の防止等に関する法律に規定する暴力団もしくはその統制下の団体と関係を有していないこと。
2)過去3年以内に本助成金交付事業又は他の補助、助成事業において、「補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律」等に基づく交付決定の取消し、返還命令、罰則等の処分を受けたことがある場合、又は、当該処分を受けた際の団体の役員が、代表者又はこれに相当する者として含まれている場合は、助成の対象団体となりません。
助成金額
継続分を含む寄付総額の範囲内(1 年間あたり)
※2022 年度は総額 1,350 万円
応募方法
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。
選考方法
地球環境基金運営委員会及び助成専門委員会の審議を経て採否が決定されることになります。
決定時期
2022年3月下旬
助成事業の実施期間
2022年4月1日~2023年3月31日
※ 2022 年度の活動であれば、2022 年4月1日から交付決定日までの活動も助成対象となります。
備考
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。