助成事業名
子どものたより場基金
実施団体
株式会社河北新報社/宮城県/公益財団法人 地域創造基金さなぶり
募集時期
2020年7月10日(金) 必着
関連URL
http://kodomonotayoriba.kahoku.co.jp/
お問い合わせ先
「子どものたより場基金」事務局 公益財団法人地域創造基金さなぶり
〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町 1-2-23 桜大町ビル 602
TEL:022-748-7283
FAX:022-748-7284
E-mail:t a y o r i b a ★ s a n a b u r i f u n d . org(★を@へ変更してください)
お問い合わせ:月曜日~金曜日(祝祭日を除く) 9:00 ~ 18:00 担当:鈴木
※担当者が不在にしていることが多いため、電子メールでのご相談を推奨しています。
目的等
子どもたちは私たちの希望であり、未来を担う大切な社会の宝です。しかしながら現実には、家庭の
事情等により子どもの将来が左右されてしまう「貧困の連鎖」が宮城県内でも多く存在します。本プロジェ
クトは宮城県の未来を担う子どもたちを多様な立場の方々と支えようとするものです。また、新型コロナウ
ィルスによって生じた課題への対処、並びに第2波と想定される今年の秋~冬への対処に関する事業も
同時に対象とします。県内の子どもの貧困や困難な状況と、子どもたちを支える活動団体への資金助成
として以下をご確認のうえ、ぜひご応募ください。
内容/対象
◆対象地域
宮城県全域

◆活動対象
主として、子どもの貧困や困難な状況(新型コロナウィルスによって生じた課題)を改善するための、必要な取組みに資金支援を行い、もって状況の改善を図る。(子どもとは、概ね 20 歳以下を対象とする)

◆対象テーマ
1) 子どもの居場所の提供を図ろうとする事業
2) 栄養バランスを考慮した食事の提供や食育に通じる事業
3) 主として教科的な学習の支援を図る事業、又は教科外の多様な学びの機会を創出する事業
4) 子どもの貧困や困難な状況を支援するための事業
5) 2020 年新型コロナウィルスによって生じた課題への対処、或いは秋冬への準備策。特に、
活動頻度を向上するための取り組み
6) その他、1~5 に合致しないが、子どもの貧困や困難な状況を改善するために有効な事業

◆対象団体
宮城県内に本拠地をおき、宮城県内を活動対象地域としているグループ・団体等
1) 地元住民5名以上のボランティア・グループ、高校、大学等の学生のサークル等
2) 自治会や町内会、PTA や地域のために活動するグループ等
3) 市民活動団体(任意団体含む)、特定非営利活動法人、一般社団法人等
4) 1~3 に該当し、報告書の提出と資金の管理ができる組織
※ 資金の管理:入金と出金の記帳、及び領収書の保存・管理ができること
※ 本事業の趣旨により、年間予算が小規模である組織が優先されることがあります。
助成金額
1) 区分1:上限20万円のもの ※ 3~8件程度を想定
2) 区分2:上限50万円のもの ※ 2~4件程度を想定
応募方法
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。
選考方法
審査会をへて採否を決定。
決定時期
7 月末日に各団体に電話・文書にて通知します。
助成事業の実施期間
2020年8月1日から 2021年1月31日まで。
備考
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。