募集要項PDF「みやぎチャレンジプロジェクト」助成事業 募集要項

助成事業名
社会課題解決「みやぎチャレンジプロジェクト」助成事業
実施団体
社会福祉法人 宮城県共同募金会
募集時期
2019年9月2日(月)~9月30日(月)本会必着
関連URL
http://akaihane-miyagi.or.jp/challenge
お問い合わせ先
社会福祉法人 宮城県共同募金会
〒984-0051
仙台市若林区新寺1丁目4-28
TEL 022-292-5001
FAX 022-292-5002
E-mail post★akaihane-miyagi.or.jp(★を@へ変更してください)
目的等
赤い羽根共同募金は、県民の温かい善意とたすけあいの心に支えられ、県内における民間福祉活動の発展、向上に相当の役割を果たして参りました。しかし、昨今の少子高齢化や格差社会の急速な進展により、自殺・虐待・いじめ・路上生活者・ニート・災害・子育てなど多様な生活課題を抱えた、市民の生活不安は拡大しつつあります。
本プロジェクトは、従来10月1日から3か月間行っている共同募金運動の期間を3か月間拡大し、その期間で、各団体が取り組む地域の課題を解決するための活動費を共同募金会と一緒に集め、課題解決を図るものです。自らの地域課題について、自らが学び、自らが行動しその役割の一翼を担う、いわば自発と自治の時代の中で、行政が提供するサービスに加え、地域住民やNPOが主体となり、サービスをつくり、提供することで寄付者の共感や賛同を得る新たな募金の循環のしくみの構築を図って参りたいと考えます。
本プロジェクトが、地域課題を解決する活動のファンド的役割として、効果的・有効的に活用されるよう、皆様方には積極的にご参加ください。
内容/対象
◆助成対象団体
県内において活動する民間の非営利団体で、下記の要件を満たした団体を対象とする。(個人は対象外)
①県内に活動拠点を置き、県域または各市町村で活動をしている団体であること。
 法人格の有無は問わない。
➁5名以上で構成され、団体としての活動実績が原則1年以上であること。
③団体の会則(定款)・事業計画・決算等が整備されていること。また、団体名義の金融機関預金口座を開設していること。
④企業、政治活動、宗教活動を目的とした団体でないこと。
⑤寄付者からの信頼に十分に応えうる組織体制と活動実績があり、事情内容や成果および会計情報を公開できる団体であること。

◆対象となる事業
各団体が取り組む社会解決事業
→例えば
〇生活・地域課題(まちづくり、過疎、居場所作り、見守り、子育て、権利擁護等)
〇社会課題(ニート、不登校、自殺、孤立、貧困、犯罪被害者支援、ホームレス、DV、更生保護等)
助成金額
(1)1団体あたりの助成申請額は10万円以上とします。
(2)助成額は、団体に寄せられた募金額に加算額を加えた額とします。
加算額は以下を目安としますが、申請件数や事業内容を勘案し予算の範囲内で調整します。また、令和元年度共同募金実績が著しく減少した場合等、加算額に大きく変更が生じることがあります。

<団体に寄せられた募金額>     <共同募金からの助成額>
~10万円未満        →    なし(寄せられた募金額のみ)
10万円~50万円未満     →    寄せられた募金額×0.8
50万円~100万円未満     →    40万円
100万円以上         →    60万円

(3)助成事務手数料について
募金の入金管理や広報用資材作成費として、団体に寄せられた募金額の10%を事務手数料としてご負担いただきます。
ただし、その募金額が10万円未満の場合は、事務手数料のご負担はなしとし、事務手数料の上限は10万円とします。
(4)本プロジェクトの助成を受けた法人・団体は、当該年度における共同募金一般配布分(NHK歳末、住民力、地域力、
福祉力を高める支援事業を含む)の申請は対象外とする。
応募方法
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。
選考方法
団体からの申請については、本会配分委員会による審査を経て決定します。
決定時期
2019年10月下旬
助成事業の実施期間
(1)募金活動期間
2020年1月1日(水)から2020年3月31日(火)まで
(2)事業実施期間
2020年4月1日(水)から2021年3月31日(水)まで
備考
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。