助成事業名
積水ハウスマッチングプログラム「積水ハウス災害支援基金」2021年度助成
実施団体
積水ハウスマッチングプログラムの会/社会福祉法人 大阪ボランティア協会
募集時期
2020年11月5日(木)~2020年12月11日(金)消印有効
関連URL
https://www.sekisuihouse.co.jp/matching/
お問い合わせ先
<協働事務局>
社会福祉法人 大阪ボランティア協会 担当:梅田
〒540-0012
大阪市中央区谷町2-2-20-2F 市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL:06-6809-4901(代)
FAX:06-6809-4902
目的等
“「わが家」を世界一 幸せな場所にする”をグローバルビジョンに掲げる積水ハウスグループでは、お客様、従業員、社会の「幸せ」を最大化するため、従業員と会社の共同寄付制度「積水ハウスマッチングプログラム」を実施しています。
ESG(*1)経営のSocial の活動の一環として、SDGs(*2)の目標達成に向け、グループの役員及び従業員から拠出金を募り、積水ハウス株式会社から同額のマッチングギフトを実施し、下記の各基金の支援内容に合致する活動を支援します。

(*1)ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったものです。
今日、企業の長期的な成長のためには、ESGが示す3つの観点が必要であるという考え方が一般に広まってきており、積水ハウスグループではESGを強く意識した経営を推進しています。
(*2)SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。
2015 年 9 月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟国が 2030 年までに 17 分野で社会課題の解決を達成することを目標に掲げている。
内容/対象
◆対象となる団体
サステナブル社会の構築に寄与する社会的活動を担うNPOなどの団体

◆対象となる活動
国内の大規模災害で被災された方々を支援することを目的とし、被災地での緊急支援活動等
① 本会及び各基金の目的に適合するものであること
② 活動の継続性(2021年4月1日からさかのぼって3年以上の活動実績。つまり2018年4月1日以前から活動が開始していること。任意団体での活動期間を含む)があること
③ 公共性の高い活動であること
④ 活動主体の経営の健全性及び透明性が確保されていること
助成金額
助成額は原則として、災害救助法が適用され、緊急支援活動(※2)における活動日数(※3)が 30 日未満の活動で 50 万円以内(プロジェクト実施にかかわる資金(人件費を含む)を助成)。なお、助成額は減額する事があります。
※1 「災害支援基金」は、大規模災害が発生し、緊急支援活動が必要とされ、活動した際にのみ適応されます。
※2 「緊急支援活動」とは、災害発生直後の混乱から、被災者が避難先を確保し、復旧作業の基盤が整うまでの時期に行われる被災者に対する活動(安否確認、訪問活動、情報収集、先遣活動等)。なお被災した地域の災害支援団体等との連携における費用についても含みます。
※3 「活動日数」には災害救助法適用前の被災地での活動に向けた準備活動の日数を含みます。
応募方法
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。
選考方法
書類審査、会員アンケート、面談等を経て、理事会により審査
決定時期
2021年3月中に決定(通知は4月上旬)
助成事業の実施期間
2021年4月1日から2022年3月31日まで
備考
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。