助成事業名
第31回 イオン環境活動助成
実施団体
公益財団法人 イオン環境財団
募集時期
2021年6月24日(木)~2021年8月12日(木)エントリー受付〆切
関連URL
https://www.aeon.info/ef/environmental_activities_grant/public_offering/about.html
お問い合わせ先
公益財団法人イオン環境財団 助成担当
メール : ef★email.aeon.biz(★を@へ変更してください)
電話 : 043-212-6022
目的等
基本テーマは「里山コモンズの再生」です。地域で大切にされてきた里山。しかしながら、行き過ぎた開発で荒廃したり、人手が入らずに劣化するなど、人と自然との共生関係が崩れかけています。望ましい共生関係を、地域内外の多様な人々との連携で取り戻していく。この「里山コモンズの再生」を通じて、地球環境の持続性に貢献する里山づくりを目指します。
内容/対象
◆活動分野
基本テーマに基づいた、いずれかの活動分野
1.里山(里地・里川・里湖・里海を含む)の保全・維持・管理
2.植樹を含む里山の修復
3.野生動植物・絶滅危惧生物の保護
4.自然資源の利活用
5.自然環境教育

◆対象団体
1.運営団体の法人格の有無や種類は問いませんが(任意団体可能)、申請時点で、設立後1年以上の活動実績を有する非営利団体が対象です。
営利目的の団体、他団体へ助成事業を行う、行政機関は対象となりません。
2.申請段階で、実地を伴う活動を含んだ計画が立てられ、活動後は報告が速やかにできる体制が整っていることが必要です。
3.海外で活動している団体は、日本国内に窓口があり、電話とメールを介して日本語で連絡が取れることが必要です。
4.政治・宗教活動を目的にしておらず、反社会的勢力とは一切関わりがないことが必要です。

◆対象活動
1.団体自らが企画し、主催して実行する活動が対象となります。他のイベントに参加するのみの活動は対象外となります。
2.1団体からの申請は1件に限ります。
3.地域の皆さまと共に実施する参加型の活動(実地を伴う活動)が必須となります。学術研究、書籍・論文等の出版活動は対象外となります。
4.助成期間は1年です。継続して助成を希望される場合は、新年度に改めて応募してください。
助成金額
助成総額1億円
応募方法
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。
選考方法
専門家を含む選考委員で構成された選考委員会にて審査し、採択団体及び助成金額を決定いたします。
決定時期
2022年2月上旬
助成事業の実施期間
2022年4月1日~2023年3月31日
備考
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。