助成事業名
赤い羽根 子どもと家族の緊急支援 全国キャンペーン 第4回
実施団体
社会福祉法人 宮城県共同募金会
募集時期
2020年11月2日(月)~2020年11月30日(月)必着
関連URL
http://akaihane-miyagi.or.jp/news/2267
お問い合わせ先
社会福祉法人 宮城県共同募金会
〒984-0051
仙台市若林区新寺1丁目4-28
TEL :022-292-5001
FAX :022-292-5002
E-mail:post★akaihane-miyagi.or.jp(★を@へ変更してください)
目的等
令和2年4月7日に、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言が内閣総理大臣から発出、4月16日には対象が全都道府県に拡大され、学校の臨時休校や休業要請に伴う自宅待機や在宅勤務が実施されるなど、子どもと家族を取り巻く環境は大きく変化しました。
本県においては5月14日に緊急事態宣言が解除され、学校は徐々に再開されましたが、今後も地域の子どもたちとその家族をめぐる生活課題が、長期化、深刻化していくことが強く憂慮される事態となっております。
また、感染拡大防止対策の影響や経済活動の停滞に伴う影響は、子どもやひとり親家庭など弱い立場の人々を支援している団体にも及んでいます。
子ども食堂や学習支援等を行っていた団体は、活動の制限や機会を失い、資金不足に直面し緊急な支援を必要としています。
そこで、これまでも地域に密着した多様な活動の支援を行ってきた宮城県共同募金会では、全国の共同募金会並びに中央共同募金会とともに、「赤い羽根 子供と家族の緊急支援 全国キャンペーン」(新型コロナウイルス感染症の影響により日常生活に困難を抱える子供と家族支援活動)(以下「全国キャンペーン」)を協働実施することとしました。
全国キャンペーンは例年10月から実施している赤い羽根共同募金の活動とは別に、感染拡大及び緊急事態宣言等に端を発した、地域で増加すると考えられる子供と家族をめぐる生活課題に対して、宮城県共同募金会としてきめ細やかな助成により支援を行うことを目的として実施します。
内容/対象
◆助成対象団体
助成対象団体は、下記の要件をすべて満たすこととします。
・子ども食堂、居場所の提供、学習支援等、地域において子どもや保護者に対する支援活動を行う民間非営利団体(任意団体も可)で、新型コロナウイルス感染拡大以降の緊急支援活動を取り組む団体。
・宮城県に所在する団体で、助成を受けて活動を行えるしくみや体制をもっていること。
・特定の企業、政党、宗教団体等から独立して運営され自主性が保たれていること。
・暴力団をはじめとする反社会的勢力と関りがないこと。
・これまでに一定の活動実績があること。

◆助成対象活動
・新型コロナウイルス感染拡大及び緊急事態宣言等に端を発した、社会的に孤立することが懸念される子どもや保護者を、緊急的に支援する活動を対象とします。
【活動例】
※ひとり親家庭等へのお弁当の配食
※困難を抱えた家庭への食料支援
※オンラインを活用した子どもや家族の相談支援、学習支援、居場所支援
※虐待やDVの防止を目的とした活動の実施 
※コロナ禍の支援活動を推進するための研修会や技術講習等の活動 など
・令和2年4月17日以降の活動を対象とします。
・団体が通常行っている活動の範囲内での取り組みは対象外とします。新型コロナウイルス感染拡大以降の緊急支援活動として実施され、その活動に伴う経費の必要性が申請書から読み取れるものを優先して採択します。
助成金額
1団体あたりの助成上限額は、20万円(新規申請)、15万円(2回目)、10万円(3回目)
※助成総額は約130万円を予定しますが、今後の本会への寄付の状況によって増額となる場合も考えられます。
※助成にあたっては、新規申請団体を優先します。
応募方法
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。
選考方法
本会における審査により決定します。
決定時期
12月中旬
助成事業の実施期間
2020年4月17日(金)から2021年3月31日(水)まで
備考
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。