助成事業名
2019年度国内助成プログラム
実施団体
公益財団法人 トヨタ財団
募集時期
2019 年 8 月 19 日(月)午前 9 時~ 9 月 30 日(月)午後 3 時
関連URL
http://www.toyotafound.or.jp/community/2019/
お問い合わせ先
公益財団法人トヨタ財団 国内助成プログラム 担当:武藤、比田井、石井
〒163-0437 東京都新宿区⻄新宿 2 丁目 1 番 1 号 新宿三井ビル 37 階
TEL:03-3344-1701(⽉〜⾦曜⽇(祝祭⽇を除く)10:00〜17:00) / FAX:03-3342-6911
Email:gp4ca★toyotafound.or.jp(★を@へ変更してください)
目的等
トヨタ財団の国内助成プログラムでは、今年度は「未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ ―地域に開かれた活力ある課題解決の仕組みを通じて―」をテーマとして公募を実施します。
助成カテゴリーは昨年度と同様で、地域の実態を明らかにする調査およびその結果を踏まえた事業戦略の立案に取り組む「しらべる助成」と、多様な主体と共に地域の課題解決の仕組みづくりやその担い手の育成に取り組む「そだてる助成」で公募を実施します。
併せて、過去(2009年度~)に「国内助成プログラム」の助成を受けたプロジェクトが、その成果やそこから明らかになった課題に基づき、社会の仕組みや価値観を変えることをめざして実施する政策提言や社会提案などに取り組む「発信・提言助成」を非公募で実施します。
日本社会が直面する課題を乗り越え、さらにはその在り方を問い直して新しい価値の提案や創造につながるような先駆性や躍動感ある営みが、全国各地で展開されることを期待しています。
内容/対象
◆助成カテゴリー
A.しらべる助成:地域や人々を取り巻く環境や生じている課題を明らかにする「調査」、およびその結果を踏まえた「事業戦略の立案」までの【調査活動】への助成
B.そだてる助成:地域の実態を踏まえ、地域に関わる多様な人々や組織と共に課題解決の仕組みづくりや未来の担い手育成に取り組む【事業】への助成
C.発信・提言助成:過去に助成を受けたプロジェクトの成果やそこから明らかになった課題に基づき、社会の仕組みや価値観を変えることをめざして実施する政策提言や社会提案などに取り組む活動への助成

◆対象となる組織
AおよびB:40代までのメンバー1名以上を含む、プロジェクト実施に必要な人材や組織で構成されたチーム(※運営の中心を担う組織の法人格の有無や種類は問いません。)
C:過去(2009年度~)に「国内助成プログラム」の助成対象者
助成金額
A.しらべる助成:上限 100万円/件
B.そだてる助成:上限なし(過去3年間の実績平均654万円/2年)
C.発信・提言助成:上限 600万円/件
応募方法
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。
選考方法
学識経験者および NPO 関係者で構成する「国内助成プログラム選考委員会」(委員
⻑ 飯盛義徳(慶應義塾大学 総合政策学部 教授)、以下 5 名)にて行い、当財団の理事会
で最終決定を致します。
決定時期
外部有識者(学識経験者およびNPO関係者)によって構成される選考委員会の書類審査を経て、2020年3月に開催予定の理事会にて決定。
助成事業の実施期間
A.しらべる助成:2020年4月1日から2021年3月31日(1年間)
B.そだてる助成:2020年4月1日から2022年3月31日(2年間)
C.発信・提言助成:2020年4月1日から2021年3月31日(1年間)
備考
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。