助成事業名
2019年度地域振興助成
実施団体
公益財団法⼈ 前川報恩会
募集時期
2019 年 8 ⽉ 1 ⽇(木)〜2019 年 8 ⽉ 31 ⽇(土) 17時 まで
関連URL
https://www.mayekawa.org/grant/regional_improvement/regional_youkou_2019.html
お問い合わせ先
公益財団法人 前川報恩会
〒135-0046 東京都江東区牡丹3-10-7
TEL:03-3642-1566 FAX:03-3643-7094
目的等
 公益財団法人前川報恩会は、株式会社前川製作所の創立者である故前川喜作が、私財2億円を基金として拠出し、昭和42年12月22日に設立されました。その後昭和61年より前川正雄が、平成25年からは宮野忠夫が、平成27年からは前川正が当財団の理事長として創立者の意思を受け継ぎ、現在に至るまで総資産約37億円より生じた果実を助成の原資として学術振興及び社会福祉の充実を目的とする助成事業を毎年継続的に行ってきました。
 新公益法人制度改革が施行されたことに伴い、当財団は内閣総理大臣の認可を得て、平成24年10月1日より一般財団法人に移行し、その後平成28年4月1日には公益認定を賜りました。これまでの理念を継承しつつ、今後は公益財団法人としてこれまで以上に民による公益の増進の一助となるべく活動して参ります。
 事業内容は、①学術及び科学技術の振興、②地域社会の健全な発展、③障がい者の支援を目的とする事業となります。環境配慮型のエネルギー利用・開発又は食料生産・流通の改善に資する学術研究に対する助成を行い、 市民の視点で資源保全や文化保全に取り組む地域振興事業を助成し、更には心身に障がいを負いハンデ ィキャップを抱えた方々の福祉向上のための助成を行います。
内容/対象
◆助成対象となる事業
①多世代が参与し、⾼齢層から若年層への伝承が含まれる天然資源及び⽂化的資産の保全・活⽤を
通じ、当該地域のコミュニティの発展に寄与する継続的事業
例) ・地場の⾃然保護活動、周辺地域の活性化活動
・学校法⼈が課外活動として⾏う地域交流活動・地域調査活動(域学連携)など
・地域循環圏の活⽤、広域連携活動
②地域に根ざした未利⽤エネルギーの有効活⽤、もしくは農と⾷のイノベーションと地域⼒アップ
に繋がる事業
例) ・農村部に於いて再⽣可能なエネルギー資源活⽤を図り、地域プロジェクトとして新しい
農業と地産⾷料加⼯の取り組み
・地域のイベントを通じた⾷と地域振興を結び付けたプロジェクト
・SDGs(持続可能な開発⽬標)への取り組み

◆申請資格
NPO 法⼈等の⾮営利団体、学校法⼈
助成金額
助成対象①および②︓500 万円(1 件あたり 50 万円〜限度額 100 万円)
応募方法
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。
選考方法
地域振興助成選考委員会が「地域振興助成申請書」に基づいて審査、選考します。
決定時期
承認 ︓2019 年 12 ⽉中の理事会
交付 ︓理事会の承認後、速やかに⾏います。
助成事業の実施期間
助成⾦交付⽇〜2020 年 12 ⽉ 31 ⽇
備考
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。