助成事業名
2019年度 台風15号・19号被災地支援プログラム
実施団体
NPO法人 ジャパン・プラットフォーム
募集時期
2020年2月28日(金)18時必着:郵送またはメール
関連URL
https://www.japanplatform.org/info/2019/12/240900.html
お問い合わせ先
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
休眠預金事業担当 藤原、阪田
E-mail:k_apply★japanplatform.org(★を@へ変更してください)
TEL:03-6261-4425
目的等
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(以下、JPF)は、このプログラムを通じて、休眠預金等
活用法に位置づけられた交付金を活用し、2019 年に発生した台風15 号、19 号による被害を受けた地域
の被災者や、地域の復興を支援する民間非営利活動に助成(公募、審査、助成、伴走支援等)を行います。
内容/対象
◆助成対象
・財源の性質上、ガバナンス、コンプライアンス体制を満たしている団体であることが必須となります。
このため、関連する規定類の整備が必要となります。
(公募要領「11.選定時の審査項目」、「別紙1」参照。ご相談に応じますのでご連絡ください。)
・指定する活動報告に必要な会計処理が実施できること。
・下記のいずれかの形態を有する団体。
・非営利活動を目的とする法人。
・3 人以上の役員のいる独立した理事会、事務局、会計業務の担当が存在している団体。
※ただし、選考に際しては法人格取得済み団体、被災地の非営利団体を優先します。
・本プログラムに応募することを組織決定していること。

◆助成対象事業
1.被災地において、支援が不足、又は行き届いていない被災者への支援事業
2.当該申請団体のみならず、公共機関や民間支援団体等との連携により被災地の課題を解決に導く事業
3.対象の災害支援を行いながら、今後の対象地域における災害対応に資する活動

活 動 例:ボランティアマネジメント
    (被災家屋の復旧に関わる支援などのコーディネート、研修など)
    支援情報等の共有(自治体等多様な支援主体間の情報共有や情報発信)
    サロン開催・運営(被災者の心のケアに資する活動)
    在宅被災者等生活状況に関する調査活動
    災害対応に向けた組織基盤強化に関する研修(組織基盤強化のみの事業は対象外です。)
    その他被災者の支援に資する活動
助成金額
助成総額5,000 万円
応募団体ごとの助成金額の上限は、各応募団体の前年度事業総額以下とします。
1 事業年度当たりの1 団体当たりの助成金の目安は、最大1,000 万円とします
応募制限
対象とする地域:2019 年に発生した台風15 号、19 号の被害にあった地域
応募方法
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。
決定時期
2020年3月25日頃
助成事業の実施期間
2020年4 月~2021 年3 月
備考
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。