助成事業名
2022年度 環境市民活動助成「活動助成」
実施団体
一般財団法人 セブン-イレブン記念財団
募集時期
2021年10月11日(月)~10月31日(日)当日消印有効
関連URL
https://www.7midori.org/josei/
お問い合わせ先
一般財団法人 セブン-イレブン記念財団
TEL:03-6238-3872 
FAX:03-3261-2513
(電話受付時間 9:30〜17:00 ※土・日曜日を除く)
Email:oubo.22★7midori.org(★を@へ変更してください)
(2021年9月20日から開設)
目的等
セブン-イレブン記念財団の「環境市民活動助成」は、お客様がセブン‐イレブンの店頭募金を通して、地域の環境市民活動を支援する助成制度です。地域の環境問題を地域の市民が主体的に解決するために、さまざまな角度から支援し、市民主体の地域社会の実現を目指しています。
内容/対象
◆助成の趣旨
自然環境保護や気候変動対策、脱炭素化をめざす取り組みなど、市民が主体となって行う環境活動の活動資金を1年間支援します。

◆助成対象団体
● 環境活動を行っている国内のNPO法人、一般社団法人、任意団体(自治会、町内会含む)
● 日本国内に活動の場を有する団体
● 市民が主体的に行う非営利の活動であること
● 政治、宗教活動を目的としておらず、反社会的な勢力とは一切関わりがないこと

◆助成対象活動
●活動助成・NPO基盤強化助成は、4つの活動分野から1つを選び申請してください。
「 1. 自然環境の保護・保全」は、(1)~(4)の活動フィールドから該当するものを選んでください。
●活動が複数の分野に関わっている場合も、申請活動の目的や趣旨から1つ選んでください。
●1団体1申請です。
1.自然環境の保護・保全
特定の動植物種についてではなく、それらを取り巻く広範囲で多様性のある自然環境の保護・保全活動。
(1)森林
森林の育成・保全により、
①森林の他面的な機能を発揮・維持する活動。
②林産物の活用を創出する活動。
③森林の特性を活かした体験学習活動。
(2)里地里山
①里地里山での生物多様性を保全・創出する活動。
②森里川海のつながりを再生する活動。
③里地里山の特性を活かした体験学習活動。
(3)里海
①里海での生物多様性を保全・創出する活動。
②海浜・沿岸における活動。
③里海の特性を活かした体験学習活動。
(4)その他の自然環境
①自然公園・自然環境保全地域などの保護地域の保護・保全活動。
②河川・湖沼・湿地などの生物多様性を保全・創出する活動。
③河川・湖沼・湿地などの特性を活かした体験・学習活動。
2. 野生動植物種の保護・保全
①環境省または都道府県のレッドリスト絶滅危惧種Ⅰ・Ⅱ類、準絶滅危惧種に指定されている野生動植物種の保護・保全活動。
②上記の野生動植物種の生息・生育地の保護・保全活動。(そのための外来種駆除を含む)
3. 総合環境学習
①地域が育んだ豊かな自然や文化をまもり、次世代につなげていく、継続的かつ体験型の環境学習活動。
②上記の環境学習指導者の育成。
4. 暮らしの中のエコ活動
省エネ、気候変動対策、脱炭素化、資源循環などをキーワードに、環境問題への取り組みを生活の中から考え解決していくことをテーマにした活動。

助成金額
1団体あたり上限 100万円 
応募制限
3年連続して助成を受けた場合、その翌年は申請できません。
※2019年度より3年連続助成を受けている場合、申請不可
応募方法
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。
選考方法
助成先団体選定の透明性と公正性を高めるために、それぞれの活動分野を審査する専門審査会と、その結果をもって広い視点から審査を行う最終審査会の2度の審査会を設け、厳正な審査を経て助成団体を決定しています。
決定時期
4月中旬
助成事業の実施期間
2022年4月~2023年3月
備考
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。