助成事業名
2023年度 環境市民活動助成「NPO基盤強化助成」
実施団体
一般財団法人 セブン-イレブン記念財団
募集時期
2022年10月11日(火)~2022年10月31日(日)当日消印有効
関連URL
https://www.7midori.org/josei/
お問い合わせ先
一般財団法人 セブン-イレブン記念財団
TEL:03-6238-3872 
FAX:03-3261-2513
(電話受付時間 9:30〜17:00 ※土・日曜日を除く)
Eメール:oubo.23★7midori.org(★を@へ変更してください)
目的等
セブン-イレブン記念財団の「環境市民活動助成」は、お客様がセブン-イレブンの店頭募金を通して、地域の環境市民活動を支援する助成制度です。地域の環境問題を地域の市民が主体的に解決するために、さまざまな角度から支援し、市民主体の地域社会の実現を目指しています。
内容/対象
◆助成の趣旨
持続可能な活動を実現する自主事業の構築・確立をめざすNPO法人に対し、事業資金・常勤専従職員の人件費・事務所家賃を原則3年間支援します。
▼地域に必要とされており、地域経済の活性化を図る活動。
▼確立した自主事業をモデル化し、ノウハウ提供や指導、拡大をめざす活動。
▼活動助成とは趣旨が異なります。多年度に渡り継続する活動助成ではありません。
▼活動終了後は、助成報告会で当該年度の事業報告と次年度の事業計画をプレゼンテーションしていただきます。審査の結果、次年度の助成の可否を決定します。

◆申請条件
以下の2つの条件を満たすNPO団体が対象です。
▼「環境の保全を図る活動」が活動分野として認証されている。
▼2020年3月31日以前にNPO法人格を取得し、登記している(法人として3年以上の活動実績がある)。

◆助成対象の活動分野と活動内容
● 活動助成・NPO基盤強化助成は、4つの活動分野から1つを選び申請してください。
「 1 自然環境の保護・保全」は、(1)~(4)の活動フィールドから該当するものを選んでください。
● 活動が複数の分野に関わっている場合も、申請活動の目的や趣旨から1つ選んでください。
● 1団体1申請です。
【1.自然環境の保護・保全】
特定の動植物種についてではなく、それらを取り巻く広範囲で多様性のある自然環境の保護・保全活動。
(1)森林
森林の多面的な機能を発揮・維持する活動や、特性を活かした体験学習活動。林産物の活用を創出する活動。
(2)里地里山
里地里山の生物多様性を保全・創出する活動や、特性を活かした体験学習活動。
(3)里海
里海の生物多様性を保全・創出する活動や、特性を活かした体験学習活動。海浜・沿岸における活動。
(4)その他の自然環境
自然公園・自然環境保全地域などの保護地域の保護・保全活動。
河川・湖沼・湿地などの生物多様性を保全・創出する活動や、特性を活かした体験学習活動。
【2.野生動植物種の保護・保全】
①環境省または都道府県のレッドリスト絶滅危惧種Ⅰ・Ⅱ類、準絶滅危惧種に指定されている野生動植物種の保護・保全活動。
②上記の野生動植物種の生息・生育地の保護・保全活動(そのための外来種駆除を含む)。
【3.総合環境学習】
①地域が育んだ豊かな自然や文化をまもり、次世代につなげていく、継続的かつ体験型の環境学習活動。
②上記の環境学習指導者の育成。
【4.暮らしの中のエコ活動】
省エネ、気候変動対策、脱炭素化、資源循環などをキーワードに、環境問題への取り組みを生活の中から考え解決していくことをテーマにした活動。
助成金額
1団体あたり最大 400万円(原則3年間 最大で総額1200万円の継続助成)
応募方法
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。
選考方法
助成先団体選定の透明性と公正性を高めるために、それぞれの活動分野を審査する専門審査会と、その結果をもって広い視点から審査を行う最終審査会の2度の審査会を設け、厳正な審査を経て助成先団体を決定しています。
最終審査会においてプレゼンテーションによる審査を行います。
日時や詳細については後日連絡します。
決定時期
2023年4月中旬
助成事業の実施期間
2023年4月1日 ~ 2024年3月31日
備考
関連URLより当該団体のホームページにてご確認ください。