• TOP
  • 各種助成金情報

各種助成金情報

この助成金情報は、とめ市民活動プラザが情報を収集し、掲載しているものです。

概要 募集時期
助成事業名

2021年度 「子ども第三の居場所」事業(「子ども第三の居場所」の開設事業)

募集中
2021年4月1日(木)9:00〜2021年4月30日(金)17:00まで最終更新日:2021.03.20
実施団体 公益財団法人 日本財団
事業目的 すべての子どもたちが、未来への希望を持ち、これからの社会を生き抜く力を育むことのできる機会と環境を提供することは、大人世代の責任です。しかし現実には、家庭の抱える困難が複雑・深刻化し、地域のつながりも希薄になる中で、安心して過ごせる居場所がなく、孤立してしまう子どもも少なくありません。日本財団は、子どもたちが安心して過ごせる環境で、自己肯定感、人や社会と関わる力、生活習慣、学習習慣など、将来の自立に向けて生き抜く力を育む「子ども第三の居場所」を全国に拡げます。ここをハブとして、行政、NPO、市民、企業、研究者の方々と協力し、誰一人取り残されない地域子育てコミュニティをつくることで、「みんなが、みんなの子どもを育てる」社会を目指します。日本財団では、本事業のさらなる推進・拡大に向けて、各地域で「子ども第三の居場所」の開設・運営を希望される団体を対象に、「常設ケアモデル」「学習・生活支援モデル」「コミュニティモデル」の3つの運営モデルにて、以下の要項に沿って助成事業の申請を募集いたします。
助成事業名

2021年度 「子ども第三の居場所」事業(コミュニティモデル運営事業)

募集中
2021年4月1日(木)9:00〜2021年4月30日(金)17:00まで最終更新日:2021.03.20
実施団体 公益財団法人 日本財団
事業目的 すべての子どもたちが、未来への希望を持ち、これからの社会を生き抜く力を育むことのできる機会と環境を提供することは、大人世代の責任です。しかし現実には、家庭の抱える困難が複雑・深刻化し、地域のつながりも希薄になる中で、安心して過ごせる居場所がなく、孤立してしまう子どもも少なくありません。日本財団は、子どもたちが安心して過ごせる環境で、自己肯定感、人や社会と関わる力、生活習慣、学習習慣など、将来の自立に向けて生き抜く力を育む「子ども第三の居場所」を全国に拡げます。ここをハブとして、行政、NPO、市民、企業、研究者の方々と協力し、誰一人取り残されない地域子育てコミュニティをつくることで、「みんなが、みんなの子どもを育てる」社会を目指します。日本財団では、本事業のさらなる推進・拡大に向けて、各地域で「子ども第三の居場所」の開設・運営を希望される団体を対象に、「常設ケアモデル」「学習・生活支援モデル」「コミュニティモデル」の3つの運営モデルにて、以下の要項に沿って助成事業の申請を募集いたします。
助成事業名

2021年度 「子ども第三の居場所」事業(学習・生活支援モデル運営事業)

募集中
2021年4月1日(木)9:00〜2021年4月30日(金)17:00まで最終更新日:2021.03.20
実施団体 公益財団法人 日本財団
事業目的 すべての子どもたちが、未来への希望を持ち、これからの社会を生き抜く力を育むことのできる機会と環境を提供することは、大人世代の責任です。しかし現実には、家庭の抱える困難が複雑・深刻化し、地域のつながりも希薄になる中で、安心して過ごせる居場所がなく、孤立してしまう子どもも少なくありません。日本財団は、子どもたちが安心して過ごせる環境で、自己肯定感、人や社会と関わる力、生活習慣、学習習慣など、将来の自立に向けて生き抜く力を育む「子ども第三の居場所」を全国に拡げます。ここをハブとして、行政、NPO、市民、企業、研究者の方々と協力し、誰一人取り残されない地域子育てコミュニティをつくることで、「みんなが、みんなの子どもを育てる」社会を目指します。日本財団では、本事業のさらなる推進・拡大に向けて、各地域で「子ども第三の居場所」の開設・運営を希望される団体を対象に、「常設ケアモデル」「学習・生活支援モデル」「コミュニティモデル」の3つの運営モデルにて、以下の要項に沿って助成事業の申請を募集いたします。
助成事業名

2021年度 「子ども第三の居場所」事業(常設ケアモデル運営事業)

募集中
2021年4月1日(木)9:00〜2021年4月30日(金)17:00まで最終更新日:2021.03.20
実施団体 公益財団法人 日本財団
事業目的 すべての子どもたちが、未来への希望を持ち、これからの社会を生き抜く力を育むことのできる機会と環境を提供することは、大人世代の責任です。しかし現実には、家庭の抱える困難が複雑・深刻化し、地域のつながりも希薄になる中で、安心して過ごせる居場所がなく、孤立してしまう子どもも少なくありません。日本財団は、子どもたちが安心して過ごせる環境で、自己肯定感、人や社会と関わる力、生活習慣、学習習慣など、将来の自立に向けて生き抜く力を育む「子ども第三の居場所」を全国に拡げます。ここをハブとして、行政、NPO、市民、企業、研究者の方々と協力し、誰一人取り残されない地域子育てコミュニティをつくることで、「みんなが、みんなの子どもを育てる」社会を目指します。日本財団では、本事業のさらなる推進・拡大に向けて、各地域で「子ども第三の居場所」の開設・運営を希望される団体を対象に、「常設ケアモデル」「学習・生活支援モデル」「コミュニティモデル」の3つの運営モデルにて、以下の要項に沿って助成事業の申請を募集いたします。
助成事業名

東北・新潟の活性化応援プログラム

募集中
2021年3月16日(火)~2021年4月30日(金)最終更新日:2021.03.20
実施団体 東北電力株式会社
事業目的 「東北・新潟の活性化応援プログラム」は、東北6県と新潟県内の各地で、地域産業の振興や地域コミュニティの再生・活性化、交流人口の拡大など、地域が抱える課題の解決に向けて自主的な活動を行っている団体を応援することを目的としています。
地域の課題解決に取り組む団体を活動資金の面からサポートすることで、地域の自立的な活動をより一層応援してまいりたいと考えています。
助成事業名

第38回 老後を豊かにするボランティア活動資金

募集中
2021年5月21日(金)必着最終更新日:2021.03.16
実施団体 公益財団法人 みずほ教育福祉財団
事業目的 高齢化社会を迎え、高齢者が住みなれた街で安心して生活するための、地域住民・ボランティアによる主体的かつ活発な福祉活動に対するニーズが、一段と高まっています。
本助成事業は、高齢者を主な対象として活動するボランティアグループ及び地域共生社会の実現につながる活動を行っている高齢者中心のボランティアグループに対し、活動において継続的に使用する用具・機器類の取得資金を助成します。
助成事業名

2021年度ニッセイ財団 地域福祉チャレンジ活動助成

募集中
2021年3月1日(月)~2021年5月31日(月)当日消印有効最終更新日:2021.03.03
実施団体 公益財団法人 日本生命財団
事業目的 従来、本財団は「先駆的事業助成」と銘打って、認知症高齢者へのサービス開発と支援づくり、在宅福祉サービスの開発・整備等地域包括ケアシステム実現に向けて時代に先駆けた介護・福祉事業への助成を行ってまいりました。
これらの助成事業の一部は介護保険制度を中心とする高齢者福祉制度に反映され、多様な事業主体が参入した様々な取り組みが広く展開されてきました。
詳しくは本財団の助成事業をまとめた「地域包括ケアの実践と展望」(中央法規 2014 年 12 月)を参照ください。
このような状況を踏まえ、本財団では2013年度より、助成の視点を「先駆的事業」から「チャレンジ活動」へと変更いたしました。
そして、今、「人生 100 年時代の社会システム・持続可能な地域づくり」へ向けて何よりも求められていることは、地域包括ケアシステム(地域での継続的自立生活を支える)の推進、さらには地域の全ての人々が、一人ひとりの暮らしと生きがいを、ともに創り、高め合う社会の構築です。
ついては、地域包括ケアシステムの展開、そして深化(高齢者を中心に全世代支援・交流を志向)につながる活動へチャレンジするための助成を行います。
とりわけ、新型コロナウイルス感染症による新たな生活様式のなかで、地域における新たなつながりのあり方が求められています。
今後の地域包括ケアシステムに活かしていける、先駆的で汎用性の高い活動へのチャレンジに大きな期待を寄せております。
助成事業名

みらいチャレンジプログラム

募集中
2021年2月10日(水)~2021年5月10日(月)当日消印有効最終更新日:2021.02.13
実施団体 サントリーホールディングス株式会社
事業目的 みらいチャレンジプログラムはサントリーグループの東日本大震災復興支援 「サントリー東北サンさんプロジェクト」の一環として、地域の再興を目指して新たな活動を 立ち上げようという個人・団体の活動を奨励金の支給等を通じて支援する (被災による活動の再興も含む)ものです。
助成事業名

令和3年度 未来の東北博覧会記念国際交流基金助成金

募集中
2021年4月1日(木)~2021年5月10日(月)最終更新日:2020.12.23
実施団体 公益財団法人 未来の東北博覧会記念国際交流基金
事業目的 公益財団法人未来の東北博覧会記念国際交流基金は、昭和62年7月から9月まで開催された「未来の東北博覧会」を記念して創設され、民間の国際交流団体などが行う国際交流・協力事業に対する助成を行っています。
現在、令和3年度に助成する事業を募集しておりますので、希望される場合は事務局までご連絡ください。
助成事業名

令和3年度 子どもゆめ基金助成金 2次募集

募集予定
2021年5月1日(土)~〈郵送申請〉2021年6月15日(火)消印有効 〈電子申請〉2021年6月29日(火)17時締切最終更新日:2020.09.22
実施団体 独立行政法人 国立青少年教育振興機構
事業目的 子どもゆめ基金は国と民間が協力して子どもの体験・読書活動などを応援し、子どもの健全育成の手助けをする基金です。
今日、社会全体のモラル低下、地域社会の教育力の低下、メディア上の有害情報の氾濫など子どもたちを取り巻く環境が大きく変化しており、自分自身で考え創造する力、他人への思いやりの精神が身についていないと指摘されています。
また、子どもたちの社会性を育成する観点から、自然体験活動等の体験活動の充実や、言葉の教育の重視などが提言されております。
この基金は、未来を担う夢を持った子どもの健全な育成の一層の推進を図ることを目的に、民間団体が実施する特色ある新たな取組や、体験活動等の裾野を広げるような活動を中心に、様々な体験活動や読書活動等への支援を行っています。
助成事業名

地域助け合い基金

募集中
常時受付最終更新日:2020.06.05
実施団体 公益財団法人 さわやか福祉財団
事業目的 新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちは当たり前にあった人と人との交流を遮断するこ
とが求められました。支援が必要な方の地域における孤立はさらに深刻となり、これまでにも増し
て助け合い活動が必要という声が全国で挙がっています。
こうした状況に様々な工夫で応え、その助け合いを今後につなげて、さらに発展させていくことは明るい未来を拓くために決定的に重要であると考えています。
そのため、必要な資金を全国からのご寄付として募り、助け合い活動を行う皆様へお渡しする助成を行います。
ぜひご応募をお待ちしております。
助成事業名

チャリティバンク

募集中
6月末日、9月末日、12月末日(締切)最終更新日:2018.09.07
実施団体 株式会社ラッシュジャパン
事業目的 ラッシュでは、小規模な草の根団体に寄付をしています。
より良い社会を目指して、社会にポジティブな変化をもたらすため、社会や環境を気にかけ活動している団体を気にかけたいと考えているためです。
助成事業名

助成金(福祉、医療、教育、芸術)

募集中
随時受付最終更新日:2017.12.19
実施団体 (一社)日本メイスン財団
事業目的
助成事業名

公益財団法人信頼資本財団 共感助成

募集中
随時受付最終更新日:2017.11.29
実施団体 公益財団法人信頼資本財団
事業目的
Page 2 / 212
Copyright © とめ市民活動プラザ All Rights Reserved.