• TOP
  • 各種助成金情報

各種助成金情報

この助成金情報は、とめ市民活動プラザが情報を収集し、掲載しているものです。

概要 募集時期
助成事業名

横寺敏夫 患者と家族の支援基金

募集中
2022年1月11日(火)~2022年3月7日(月)消印有効最終更新日:2022.01.19
実施団体 公益推進協会
事業目的 この助成事業は、療養中の患者さんやご家族のサポートを積極的に行う団体及び個人に対し、その活動を側面から支援して活動成果の助長奨励の一助とすることで、患者さんやご家族の不安や苦しみが少しでも和らぎ、笑顔が増えることを目的とします。

助成事業名

ポーラ伝統文化振興財団助成事業

募集予定
2022年2月1日(火)~2022年3月31日(木)消印有効最終更新日:2022.01.19
実施団体 公益財団法人 ポーラ伝統文化振興財団
事業目的 日本には先人が残したすばらしい文化遺産が数多くあります。日本人の英知と感性から生れた世界に誇る伝統文化は、一度失ったら再び取り戻すことが困難なもので、 大切に受け継がれていかなければなりません。
本事業は、助成を通じて、日本の伝統文化の維持・向上にささやかながら貢献しようとするものです。
助成事業名

令和4年度「緑と水の森林ファンド」

募集予定
2022年2月1日(火)~2022年3月15日(火)消印有効最終更新日:2022.01.18
実施団体 公益社団法人 国土緑化推進機構
事業目的 社会環境の変化に伴い、国民の森林・みどりに対する関心はますます高まっており、具体的な「国民参加の森林づくり運動」を一層推進することが課題となっています。
平成24年12月「国際森林デー」の制定、平成25年11月「国連持続可能な開発のための教育10年(ESD)」世界会議等の意義、平成27年9月の国連サミットで採択された17の国際目標(SDGS:持続可能な開発目標)、人生100年時代におけるライフステージに応じた健康・教育・観光等への森林空間利用の促進を念頭に、森林の重要性に対する理解の推進を図るとともに、森のようちえんなど新たな森林の利用や森林環境教育の推進を具体的に図っていくことが重要となっています。さらに、東日本大震災では海岸林が多大な被害を受け森林復興への支援が引き続き求められています。
このような中、公益社団法人国土緑化推進機構では、「緑と水の森林ファンド」の基本課題である森林資源の整備及びこれらを通じた水資源のかん養や森林の利用等に関する総合的な調査研究、普及啓発、基盤整備等の推進を図るため、幅広い民間団体の参加による国民運動として展開することを目的に、「緑と水の森林ファンド」公募事業を実施します。
助成事業名

2021年度 ノエビアグリーン財団 助成事業

募集中
2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月)正午12:00最終更新日:2022.01.13
実施団体 公益財団法人 ノエビアグリーン財団
事業目的 日本を代表するジュニアスポーツ選手の育成、また、心身ともに健全な青少年の育成に寄与することを目的として、一般公募による助成活動を実施しています。
助成を通じて、スポーツの振興、子供たちの育成や学びの機会を支援いたします。
助成事業名

第1回「ソーシャル・グッド基金」助成

募集中
2022年1月12日(水)~2022年2月18日(金)17時最終更新日:2022.01.13
実施団体 公益財団法人 日本フィランソロピック財団
事業目的 我が国では、長引く経済の低迷などを背景に、様々な格差の広がりや固定化が顕著になってきています。
様々な環境格差は、子どもや若者の日々の生活や学習などに深刻な影響を及ぼしているのみならず、その格差が固定化したり拡大したりすることで、未来の可能性を狭めてしまいます。
「ソーシャル・グッド基金」は、日本フィランソロピック財団が寄附者のおもいを受けて設立しました。
この基金は、次世代にマイナスの影響を及ぼす「格差」の解消に向き合い、子どもや若者が希望を持って成長し、社会人として自立できる力を伸ばす機会と環境を提供する活動を支援することを目的としています。
助成事業名

令和4年度 WAM助成 (モデル事業)

募集中
2022年1月31日(月)午後3時まで最終更新日:2022.01.08
実施団体 独立行政法人 福祉医療機構
事業目的 モデル事業は、社会課題が一層複雑化するなか、これまで民間福祉活動団体が培ってきたノウハウや連携体制をもとに、事業を通じて新たに明らかとなった課題や社会的に認知が進んでいない課題に対応することを目的とします。
助成事業名

令和4年度 WAM助成 (通常助成事業)

募集中
2022年1月31日(月)午後3時まで最終更新日:2022.01.08
実施団体 独立行政法人 福祉医療機構
事業目的 社会福祉振興助成事業(WAM助成)は、政策動向や国民ニーズを踏まえ、民間の創意工夫ある活動や地域に密着したきめ細かな活動等に対し助成を行い、高齢者・障害者等が自立した生活を送り、また、子どもたちが健やかに安心して成長できる地域共生社会の実現に向けて必要な支援を行うことを目的とします。
助成事業名

第24回複合機およびラベルライター寄贈プログラム

募集中
2021年12月23日(木)~2022年1月30日(日)最終更新日:2022.01.07
実施団体 認定NPO法人 イーパーツ
事業目的 非営利団体の情報化支援
助成事業名

むすび丸ピンバッジ募金「赤い羽根みやぎ子ども食堂助成事業」

募集中
2022年1月6日(木)~2022年2月10日(木)必着最終更新日:2022.01.04
実施団体 社会福祉法人 宮城県共同募金会
事業目的 近年、共働き家庭やひとり親家庭等で、夜遅くまでひとりで過ごす子どもたちの「孤食」や「孤立」、経済的理由により「粗食」や「欠食」になったりする子どもたちが増えている中、新型コロナウイルス感染の長期的な影響もあり、子どもを取り巻く社会環境は悪化しています。そこで宮城県共同募金会は「むすび丸ピンバッジ募金」を原資として、県内において「食」の提供と「見守り」をとおして、安心して過ごせる子どもたちの居場所づくりに取り組む地域団体等に、「子ども食堂」及び、「配食・宅食」の運営に掛かる費用や、各団体の連携を図るネットワーク会議開催費用の一部を助成するものです。
さまざまな環境にある子どもたちが、地域とつながり、将来に夢や希望を持って健やかに育つ地域環境づくりの促進を目的とします。
助成事業名

参加と協働による新たな地域共生社会づくり支援事業

募集中
2022年1月6日(木)~2022年2月7日(月)必着最終更新日:2022.01.04
実施団体 社会福祉法人 宮城県共同募金会
事業目的 共同募金は、これまで民間福祉活動の財源の主要な担い手として大きな役割を果たしてきており、地域福祉における民間活動の活発化に対応し、多様な団体の活動を支援するとともに、新しい寄附の文化を形成する推進役としての役割が期待されています。
中でも県域助成は、単独の市町村圏域では対応できない広域的な福祉課題や先駆性、緊急性の高い福祉課題を解決する活動を支援する役割があります。
本助成事業は、地域福祉の推進を目的とした社会福祉協議会や民間福祉活動団体が行う先駆性や緊急性の高い地域福祉課題の解決や、住民が主体的に参加する共同募金運動の活性化に向けた新たな取り組みなど、モデル性の高い果敢な活動を推奨することにより、喫緊の地域課題解決の県全体への広がりを目指すとともに、県域助成プログラムの新たな資金ニーズの発見と、共同募金運動の促進につなげることを期するものです。
助成事業名

こども食堂運営継続 応援プロジェクト

募集中
2022年1月5日(水)~2022年1月31日(月)17時まで(郵送の場合は締め切り日必着)最終更新日:2021.12.23
実施団体 一般社団法人全国食支援活動協力会
事業目的 本プロジェクトは毎日新聞東京社会事業団からの寄付助成を受け実施する助成事業です。こども食堂を
運営する団体に対し、安定的な活動に要する経費の一部助成を目的としています。子ども達が安心して健
やかに成長できる「食の居場所」づくりに熱意をもって活動を行う団体の継続的な発展を願い、皆さまの応募
をお待ちしております。
助成事業名

タケダ・女性のライフサポート 助成プログラム

募集中
2022年1月17日(月)~2022年1月26日(水)必着最終更新日:2021.12.23
実施団体 認定NPO法人 日本NPOセンター
事業目的 本プログラムは、助けを求められない、助けを求める声があげられない、そんな生きづらさを抱える女性を守り、安心で健康的な生活を取り戻すことを目的として、日常的かつ継続的にパーソナル支援を行う団体を対象に助成するものです。
COVID-19をきっかけに可視化された、女性が抱える社会問題の解決に取り組むパーソナル支援団体を応援することで、女性やその子どもたちが、安心で健康的な生活が送れるよう、武田薬品工業株式会社の支援を受けて、日本NPOセンターが取り組むものです。
また、本助成による成果が各地で同様の活動に取り組む団体にも共有され、全国のモデルとして広がることも期待して応援するものです。
(本プログラムは、武田薬品工業株式会社からご寄付いただき、認定特定非営利活動法人日本NPOセンターが実施するものです。)
助成事業名

コロナ禍における生活困窮者及びひきこもり支援に係る民間団体活動助成事業

募集中
2022年1月24日(月)15時まで最終更新日:2021.12.23
実施団体 独立行政法人 福祉医療機構
事業目的 新型コロナウイルス感染症の影響により、孤独・孤立に陥る危険性の高い生活困窮者やひきこもり状態にある者等に対する支援活動を実施する民間団体の取組みを支援することを目的とします。
助成事業名

令和4年度 未来の東北博覧会記念国際交流基金助成金

募集中
2022年1月1日(土)~2022年2月10日(木)最終更新日:2021.12.23
実施団体 公益財団法人 未来の東北博覧会記念国際交流基金
事業目的 公益財団法人未来の東北博覧会記念国際交流基金は、昭和62年7月から9月まで開催された「未来の東北博覧会」を記念して創設され、民間の国際交流団体などが行う国際交流・協力事業に対する助成を行っています。
現在、令和4年度に助成する事業を募集しておりますので、希望される場合は事務局までご連絡ください。
助成事業名

倶進会 一般助成

募集中
2021年12月6日(月)~2022年1月31日(月)必着最終更新日:2021.12.14
実施団体 公益財団法人 倶進会
事業目的 公益財団法人倶進会は「社会教育を通して我が国の社会に有為な人材を養成すること」を目的としています。本会は、その目的が現代社会の要請に応えて実現されることを願い、1999年から事業の一つとして、「広く社会に有為な人材の教育・育成を図るあるいはそれに関わる事業や研究」に対し助成を行なっています。
 しかし、同じような目的をもった公私の教育事業、福祉事業や社会事業が他にも多くすすめられており、また、それらの活動に対しては大財団による助成が提供されています。従って小規模、小財源の本会としては、有意義でありながらこれらの助成事業の対象からはもれるような活動を主として取り上げます。
 なお、助成の対象となる事業や研究は、営利、政治、宗教などの活動とは関係がなく、またそれらに偏った目的をもたないこと、および、活動の拠点が原則として日本国内にあることを条件とします。
助成事業名

柴田義男 千恵子基金(第1回)

募集中
2021年11月20日(土)~2022年2月20日(日)最終更新日:2021.12.01
実施団体 公益財団法人 公益推進協会
事業目的 この助成事業は日成化成株式会社の寄付を活用して、子どもの健全育成に資する事業をサポートするものであります。経済的困難を抱えた子どもやその家族を支援対象とする団体に助成を行ない、活力あふれ個性豊かな子どもたちの未来を明るいものにするための支援を行います。
助成事業名

宮城県子どもの食緊急支援事業費補助金

募集中
2021年8月30日(月)~2022年2月14日(月)最終更新日:2021.12.01
実施団体 宮城県
事業目的 新型コロナウイルス感染症の影響が拡大する中,子どもたちの「食」を守るため,子ども食堂の再開や食糧配送等の事業に対し支援を行います。
助成事業名

地域の伝統文化助成

募集中
2022年1月31日(月)当日消印有効最終更新日:2021.11.19
実施団体 公益財団法人 明治安田クオリティオブライフ文化財団
事業目的 わが国において、古来、地域に伝承されてきた民族の遺産ともいえる固有の伝統的な文化が時代とともに消滅しつつある現在、こうした歴史的・文化的に価値ある地域の民俗芸能(民俗行事、民俗音楽を含む。以下、同じ)・民俗技術(伝統的製作技術、衣食住に関わる生活技術、伝統工芸を含む。以下、同じ)を正しく後世に
残すことが時代の責務であるとの考えに立って、当財団は、これらの継承のための諸活動、とくに後継者育成に必要な技能修得のための諸活動への支援を行ないます。
助成事業名

COOPトリプルカード みやぎスマイル基金

募集中
2021年11月1日(月)~2022年1月31日(月)必着最終更新日:2021.11.19
実施団体 みやぎ生活協同組合/株式会社日専連ライフサービス
事業目的 宮城県内でさまざまな社会貢献活動を行っている組織・団体等への助成をとおして、宮城県を「誰もが安心してくらせる地域」にしていくことに寄与します。
助成事業名

みやぎ生協福祉活動助成金 下期

募集中
2022年1月20日(木)締切最終更新日:2021.06.30
実施団体 みやぎ生活協同組合
事業目的 みやぎ生協福祉活動助成金(旧こ〜ぷほっとわ〜く助成金)は宮城県内における地域福祉の向上をめざし、福祉活動に関わる地域住民・民間団体の自主的・非営利的で継続的な地域活動や研究活動を支援及び育成することを目的としています。
Page 1 / 212
Copyright © とめ市民活動プラザ All Rights Reserved.